子供 お手伝い


お天気のいい休日。
朝は子供たちの「お手伝いの時間」。
朝ごはんを食べたら、「競争だよ〜!」と我が家の運動会がはじまります。


5歳と2歳のむすこたちと、ぞうきんがけで、誰が一番にゴールするかを競い合います。
こどもたちも靴下脱いで、気合いいれて、「よ〜い!どん!」
やっぱり1番はお兄ちゃんですが、2歳のむすこも上手にぞうきんがけをします。
机を拭いたり、保育園でもやってるんでしょうね。


ぞうきんがけってたいへんなので、手伝ってくれてすごく助かります。
拭き残しがあったり、うまくぞうきんが絞れなくて、水がぽちゃぽちゃなんてこともありますが、
気にしないようにしてます。
遊びながら楽しみながらお手伝いしてくれて、やってくれたことに、
「ありがと〜!お母さん助かる〜!」と、ほめて伸ばすを実践。

終わったあとは、みんなでおやつの時間。
こどもたちも、「お手伝いしたあとのプリンはうまいな〜!」と満足そう。



いろいろお手伝いをしてくれるむすこたち。
そのほかにも、ごはんを運んでくれたり、食器を片づけてくれたり、
長男は野菜を切ったり、お料理を手伝ってくれたりもします。
包丁を持つ手、見ててヒヤヒヤすることもあるし、
自分でやったほうが早い・・・と思うこともありますが、ぐっとガマン。


子育てって、気持ちの余裕が大事ですね。
ついつい時間がないと、「何してるの!早くしなさいっ!」なんて言っちゃったり、
子供が自分でやろうとしていることを待てなかったりすることもありますが・・・


待つって大事。ほめて伸ばすってむずかしいけど、
「子供と楽しみながら暮らしたい」と心がけています。